娘と二人で始めた写真blog。それが、いつの間にやら海水魚だらけに・・・・


by marusei_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:イラスト( 24 )

消えた・・・・・!

ふと、水槽を眺めていると、何か足りないような気がする。

「なんだろうな~?」

「う~ん??」
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
「あれ!」

良く見ると、二匹居たスカンクシュリンプが一匹も居ないぞ~!

「ま、まさか・・・・・・・?」

そう言えば、マダラハナダイは肉食なので小さなエビや魚などは一緒にしないほうがいいと聞いたことがあるけど、まさかね~!

だって、うちのスカンクシュリンプ達は、小さいと言っても4cm位はあったし。

でも、他に原因は考えられないし・・・・・007.gif

「やっぱり、マダラハナダイが食べたんだ!」

「どっしぇ~!!!!」

「オラぶったまげただよ~!」

という訳で、犯人はコイツ↓しか考えられません。「でへへじゃない!」047.gif

f0033126_17243282.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2008-07-04 09:39 | イラスト

やはり・・・・・(T_T)

昨日から餌を食べなくなったニシキヤッコが、今朝水槽の底で横たわってました。o(ToT;):アゥアゥアゥ

我が家に来てから3週間ともたずに☆になってしまいました。

( ̄□ ̄|||)がーーん!!・・・・




原因は定かではありませんが、家にきて翌日から餌を食べていたにも係わらず、日々やせ細っていく体に、言いようのない不安は持ってました。

恐らく寄生虫か内臓疾患?じゃないかとおもうのですが・・・・・

そう言えば、最後の1週間くらいは餌を食べた後、飲み込みにくそうにしていました。

ひょっとして口の中に何か出来ていたのかも?しれませんね。

f0033126_2161118.jpg

何にしても最近よく死なれます。(涙)

お祓いって人間だけじゃなく水槽もしたほうがいいのかな?( ゚Д゚)ノ⌒◎┃賽銭箱┃

近々お札を貰ってきて水槽に貼ってみます。(_ _。)・・・シュン





シュッ 彡\(・_・ )( ・_・) /ミ  シュッ   (__)(__)(_無脊椎_)
[PR]
by marusei_1 | 2007-11-09 21:07 | イラスト

願いを込めて!

あまりのペラッペラぶりのニシキヤッコに、早くプックリとなって欲しいとの願望を込めて描いてみました。



f0033126_0329.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2007-11-03 00:04 | イラスト

ニモ&ドリー

またまたイラストです。今朝から暇だったので調子に乗ってまたもや描いてみました。^^;

しかも今回はリアル系で攻めてみました。

でも、実は僕、リアルに描くのってあまり好きじゃないんです。

なぜかって言うと、描き込むほどに「これ、別に写真で良いんじゃない?」と思えてきて、あまり楽しくないんですよね。

今はまだそんな偉そうなこと言えるようなレベルではないですが、最初にイラレを触ってから7年、もしずっと描き続けてたら、きっと自分の味みたいなのが出てきたのかなって思ってます。


ただ、ネタ不足の時はこれに限りますね。(笑)



でも、よく考えたら最初にブログを立ち上げた時は、娘と二人の写真ブログのはずだったのに。

だんだんと海水魚飼育ブログになり、最近はその写真すら少なくなってイラストが多くなってきたような・・・・^^;




これじゃあベストショットじゃない!(*'へ'*)ぷんぷん

とお怒りの娘であった・・・^^
f0033126_1338232.jpg
f0033126_13383629.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2007-09-09 11:46 | イラスト

ホムラハゼ

久しぶりにイラストレーターを触ったので、勢いに任せてもう1点描いてみました。

和名「ホムラハゼ」


f0033126_1016043.jpg


発見がいつかは判りませんが、以前から研究者やダイバーの間で「スパイクフィンゴビー」と言う英名で知れれていました。

日本では1996年に初めて確認され、その炎のような色、形から「ホムラ(焔?)ハゼ」と付けられたそうです。

と言うことは、日本ではまだ発見されて10年程しか経っていないんですね。^^
[PR]
by marusei_1 | 2007-09-08 10:24 | イラスト

ハリセンボン

久しぶりにイラストを描いてみました。

今回のイラストはハリセンボンをトレードマークにしている「ま~さん」にチェックしてもらいながら描いたので、けっこうイケてる?かも・・・・^^




f0033126_1161032.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2007-09-06 01:00 | イラスト

無題

先日他界した「ドラクラシュリンプゴビー」です。

これはイラストですが、こんな短い間に、良く写真を撮っていたもんだと思います(病気のですが^^;)

それを元にして描いたのが下の↓イラストですが、さすがにブツブツまでは描こうとは思わなかったですね^^;

f0033126_1303330.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2007-08-12 01:30 | イラスト

と言うわけで・・・・

「ナカモトイロワケハゼ」のイラストです。

このハゼ、2001年に新種として登録されたらしいですが、なかもとさんが最初に発見したのでこの名前がついたらしいです。

何にしても、この平均価格が15万円以上と言う高価な魚ですが、ダイバーの話によると、パラオなどでは年中見られ、しかも15mほどの浅いところにたくさん居るらしいですよ~^^;

なんでも、海底に捨ててある空き缶などにペアで住み付いているのをよく見るそうです。

と言うことは、そのうち安くなってくるのかな?^^





f0033126_2543511.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2007-07-28 01:07 | イラスト

ホタル

七夕の昨日、友人とホタル探しに行ってきました。

ホタルと言っても、水生のゲンジボタルやヘイケボタルではなくって、陸にすむ「ヒメボタル」と言う種類で、ゲンジボタルの2分の1くらいの大きさで、光の点滅も短くて速いらしいと言う事です。

f0033126_2257241.jpg


らしい?と書いたのは、僕も友人も見たことが無い上に、生息地の情報も全く知らないんですよね~^^;

と言うわけで、今回はカメラも持たずに行ったので、挿絵は僕の描いたイラストで許してね。^^




取りあえず、地元の新聞に載っていた記事を元に、大まかな見当をつけて、行ってみました。

夜の9時過ぎに家を出て、最初の目的地に着いたのが9時20分頃でしょうか?

道を歩いていた地元のおばちゃんに尋ねて、場所を絞り込み、路肩に車を止めて真黒な夜の山を歩きます。

20~30分くらい歩いたでしょうか、草むらに光るものを発見!

虫には悪いと思いながら懐中電灯で照らしてみると、なんとホタルの幼虫でした。

f0033126_22342116.jpg






「へ~!幼虫も光るんだ~?」w(゜o゜)w

変に感動してると、友人から成虫発見の知らせが!!!

すぐに飛んで行って見てみると、草の根元に明らかにゲンジボタルとは違う光り方をする虫をみつけました。

さすがに小さい!

ただ、初めて見るそれが本当にヒメボタルかどうかはわかりませんでした。


その後、しばらく探索するも新たな発見もなく、暗闇の中、不気味な鳴き声がこだまするのに恐ろしくなり、その場所を後にしました。



そのまま帰るのも悔しいので、友人の知り合いに、間違いなくヒメボタルがいる場所を知っている人が居るので、夜遅く申し訳ないと思いながらも、メールで聞いてもらい、その場所に行ってみることに。



車を止めて、しばらく歩くと山の中に光が・・・・・



「居た!」



こんな場所にいるのは、間違いなく「ヒメボタルだ!」





目を凝らして、じっと暗闇を見つめていると、1匹、また1匹と次第に数を増やし、夜の0時を回る頃には、数十匹のホタルが光のダンスを見せてくれました。

まさに、曇って星の見えない七夕の夜に輝く天の川のようで、しばらく時間を忘れて見入ってしまいました。


こんな感じ↓の数百倍綺麗でした。

f0033126_2220551.jpg


自然って、本当に素晴らしいですね。^^
[PR]
by marusei_1 | 2007-07-08 22:24 | イラスト

キンチャクダイ

いつも、ふてくされた様に見えるキンチャクダイです。

なぜか、どの固体を見てもムスッ!としてるように見えるんですよね~(笑)

↓一応ベトナム産のキンチャクダイを描いてみたつもりです。^^

f0033126_1065315.jpg


本種は、日本、台湾、ベトナムなど局地的にしか生息しておらず、その隙間を埋めるように、アカネキンチャクや、キヘリキンチャク、ホシゾラヤッコなどの近縁種が生息しています。

特に、ベトナム産のブルーフェイスと呼ばれるタイプは人気があり、日本産のキンチャクダイよりも好まれてるようですね。^^

ここのところ、そのベトナム産のキンチャクダイがあっちこっちのショップに入っているみたいですが、何故か価格には5~6倍もの開きがあるようですね~!ーー;ムム

となると、考えられるのは採取の方法で、安価な魚は薬物採取で、高価なのがハンドコートと言うことでしょうか?

こればかりは魚に聞いてみるわけにもいかないので解りませんが・・・・・^^;
[PR]
by marusei_1 | 2007-06-10 10:27 | イラスト