娘と二人で始めた写真blog。それが、いつの間にやら海水魚だらけに・・・・


by marusei_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:ヤッコ( 32 )

お披露目

やっと、みなさんにご紹介できる日が来ました。

なんか色々とありすぎて、とても大げさになってしまったのでチョッと恥ずかしいような気がします^^;

ここまで引っ張って登場しても、「なんだ、それか~!」

と思われる人も居るかとは思いますので、あまり期待しないでね!^^;

それでは、ご登場ねがいましょう~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!


どうぞ~!














じゃ~ん!レンテンヤッコです

f0033126_903372.jpg

約4.5cmほどの幼魚ですが、そのホツマツアとデベリウスを足したような可憐な色合い!
いや~、良いですね~!綺麗ですね~!、感動的ですね~!^^
水槽デビュー初日の今日、他のヤッコ達にも追いかけられることも無く、順調な初日となりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・と言いたいのですが、やはり伏兵はいましたね~!

トミニ・サージョン!こいつが追いかけまわしてくれてます。\(`o'") コラーッ!。
f0033126_9294435.jpg

お陰で、尻尾は少し切れてるし、すねて水槽の隅っこでいじけてるし・・・・

くそ~・・・・!そのうち大きくなったら、逆にやっつけられるぞ~!(`ヘ´) プンプン。

と言うわけで、お披露目となりましたが、どうだったでしょうか?

期待通りだったでしょうか?それとも期待はずれだったでしょうか?

どちらにしても、僕にはかなり思いきった買い物になりました。

後は、これから大事に育てて行きたいと思います。
[PR]
by marusei_1 | 2006-12-13 09:42 | ヤッコ

エエッ!(◎o◯;)アウッ!

もう来てるだろうな~?

期待に胸を躍らせながら、行きつけのショップに頼んでおいたヤッコを取りに行きました。

するとちょうど店の前に○○便のトラックが止まってて

「お~、ちょうど今届いたところか~!」

チョッと遅いけど、まさにジャストタイミング!

そう思いながら店内を覘いて見ると、なにやら店長と運転手が怪訝そうな顔。

僕   「どうしたんですか~?」

店長  「そ、それが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

店長  「荷物が消えてしまったのですよ~m(__)m」


僕   「え~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ!」(゜o゜")エエッ!!

     「ど、ど、ど、どういう事ですか!!」

焦りまくる僕をなだめるように、淡々とした口調で店長が

伝票だけあって、荷物が消えてなくなったらしい事。

出荷先が土曜日で休みなので、連絡が取れなくて困っている事。

後で出てきても、相手が生き物なのでたぶんダメだろうなどの話をしてくれました。

は~・・・・・ガックリ!

すごく楽しみにしてたのに、こんな事ってあるのでしょうか?

あえて、その魚の名前は出しませんが、きっと縁が無かったということだと思ってあきらめることにします。(涙)
[PR]
by marusei_1 | 2006-12-09 15:43 | ヤッコ

ブルーエンゼル

実は2週間ほど前に、新しいヤッコを購入していました。
そう言えば紹介してなかったな~^^;と思い出したので、紹介したいと思います。

それでは、「どうぞ~!」

《じゃ~ん!ブルーエンゼル君です》

f0033126_12405622.jpg
f0033126_124147.jpg


このヤッコは、ホラカントゥス属で、今は4~5cmくらいですが、成魚になると40cm以上に成長するらしいです。

また、大きくなるにつれ、体の模様は消えうせ、どちらかと言うと無地に近くなってきます。

その時の体色は、黄色っぽいのから、名前のようにブルー掛かったものまで、かなり個体差(産地の差)があります。

まあ、水槽内ではそんなに大きくはならないにしても2~30cmにはなるそうなので、そうなったら(ずいぶん先でしょうが)もっと大きな水槽が必要になってきますね。
[PR]
by marusei_1 | 2006-10-31 15:07 | ヤッコ

憧れの魚

その名も「バンディットエンゼルフィッシュ」通称「ブラバン」です。
ハワイを代表する魚で、ハワイ以外にはミッドウェイ環礁やジョンストン島に生息していて、水深20mより深場に生息している模様です。

ただしそのあまりの希少性ゆえ高騰した価格、そしてこの魚独特のムラのある餌食いなど、その飼育の敷居の高さでなかなか手に入れる機会がありません。

まあ飼えなくても、好きな魚のことはいろいろと調べてみるもので、かなりこの魚に関しては少しは詳しくなったつもりです・・・・(^^;

で、僕の仕入れたウンチクを一つ!

まずこの魚、最初慣れるまでは神経質らしいのですが、逆に長期飼育した個体はものすごくテリトリー意識が強くなり、まるでホラカントゥスのような気の強さを見せる個体もあるそうです。

また、一応アポレミクティス属に分類されてますが、魚類学者によっては、どうもこの固体特有の動きなど、ニシキヤッコのような一属一種ではないかとする意見もあります。


まあどちらにせよ、いつかは飼って見たいとは思いますが、憧れは憧れで残しておいたほうが夢があって良いかも知れませんね。
[PR]
by marusei_1 | 2006-10-28 15:12 | ヤッコ

二匹目のシマヤッコ

先日、ネットでショップめぐりをしていたところ、「マーシャル産シマヤッコ!4cm」なる文字が目に飛び込んできました。、、、、、、、、、(-_-;)ムゥ

「む~!マ、マーシャルで......」

「よ、4cmか~!!」

と、気が付いたら電話を握り締めていました。(^^;)

前から、シマヤッコの複数飼育にあこがれてたので、今回が絶好のチャンスとばかりに飛びついたのですが
さすがに、今居るシマが6cm弱なので、余りにも大きさが違うためチョット心配なのですが、まずはやってみなくちゃね!

と言うことで、早速一昨日到着しました。

見た目の第一印象は、「小さい~!」、しかし肌の色艶、背肉の盛り上がりと申し分なし!
これで、餌さえちゃんと食べてくれたら最高ねんだけどね。

とりあえず、45cmの底物水槽で様子を見ることに・・・・・。
f0033126_0174451.jpg

二日目、何気なくシュアーを流してみる。
ハゼどもはいつものように元気いっぱいに食べまくってる。
と、その横でシマが「パク!」って・・・・・・・(゚□゚)

「ありゃ!」\(◎o◎)/

「もうシュアーを食べてる!」

さ、さすが4cm!餌に慣れるのも早いです。(^^;)
この調子だと、メイン水槽でシマがペア?で泳ぐ姿が見れるのも近いかもね!(^^)V
f0033126_0175436.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2006-10-11 00:20 | ヤッコ

来ちゃった。

「宅急便で~す。」

待ってました!とばかりに箱を開け、中を確認してみる。

「うぉ!」「小いせ~!」

話は聞いてたけど、マジ小さい!3cmくらいでしょうか?
こんなに小さくて大丈夫かな~?と心配になるようなサイズです。
まずは、慎重に温度と水合わせをして、ゆっくりと水槽に投入です。

そ~と、そ~と・・・・・

今、45cm水槽にはキイロサンゴはぜと、ナベカが1匹づつ入ってるだけなので、虐められる心配もないし、大丈夫だとは思います。

試しにシュアーを入れてみる。
先住のキイロサンゴハゼとナベカが食べに出てくる。

マクロスはまだ食べないだろうな~、と思って見ていると。
「パク!」とか言って、食べちゃいました。
さすがブリードもの!餌食い抜群だ~!\(^^)丿
ただ、初日なので今日はあまりやらずに、そっとしておく事にしました。

小さすぎて、体の斑紋はまだ出てませんが、尾ヒレは白いです。
早く大きくなってほしいな~!
ホワイトバンドマクロス

f0033126_14461123.jpg


早速サンゴを突付き始める。(TT) 生い先が心配だな~。(^^;)
f0033126_14484638.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2006-09-13 14:53 | ヤッコ

ミダレウズマキ~!

柄がウズマキ状になっていない、ウズマキヤッコです。
なんだか、サザナミヤッコとウズマキが半々?くらい入ってる感じでのヤッコす。
お店の人が「柄が流れてるから2Kくらいでいいよ!」との事なので、思わず買ってしまいました。(^^;

しかしこれ、ちゃんとしたタテキンになるんだろうか?

と言うより、このサイズ(5cm)からタテキンにするのは至難の業らしいですが・・・・・・
f0033126_14293587.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2006-08-08 14:32 | ヤッコ

ヤッコが・・・・・

やはり、サンゴを突付いてます。w
メイン水槽に移してしばらくは、ライブロックばかり突付いてたのですが、慣れてきたとたんやはり・・・
ヤッコの宿命とでも言いますか、仕方がないのはわかってるのですが、やはり気になります。
f0033126_18265231.jpg


とある事件簿
[PR]
by marusei_1 | 2006-06-09 18:31 | ヤッコ

シマヤッコその後Vol.2

今週の月、火と仕事で留守にするので娘に餌やりを頼んでたら、なんと行く前よりイッパイ食べるようになってるじゃないですか~
しかも、いつもライブロックの影に隠れてコソコソ食ってたのに、水面まで食べに上がってるし、
この2日程ですんごく慣れてきたみたいです。
スミレも相変わらず元気だし、この調子で長生きしてもらいたいですね!
f0033126_13212213.jpg


スミレヤッコ
[PR]
by marusei_1 | 2006-05-31 13:22 | ヤッコ

シマヤッコその後

つっつついに、シマヤッコが餌を食べてくれました。キャッホ-..\(@^o^)/..
それも、一日のうちに冷凍ブラインシュリンプから、シュアーと言う人工の乾燥餌まで・・・・・
あまりの感激に娘のとこに飛んでいって「やった~!シマヤッコが餌食ったぞ~!!!」って言ったら「あっそう」ってそっけない返事が・・・・(T_T)
でも、いいんだい!シマヤッコが餌付いてくれただけで満足じゃ~!
後はいかに長く飼育できるかですね。(これがかなり難しいらしい)

やはり魚は、いかに良い個体を手に入れるかでその後の飼育の難しさが違うんだな~って思い知らされました。
ちまたに溢れてる、インドネシア産などの固体をいくら安いからと言って買ってたのでは、結局1週間ほどでやせ細って☆にしてしまいます。
高くても良い個体を手に入れるほうが結果的に安上がりになるし、無駄な殺生をしなくてすむし。

ところで、皆さんは何故東南アジアとかの(フィリピン・インドネシアetc)魚が安くて弱いか知ってますか?
人件費、輸送コストが安いのもありますが、一番はシアン(青酸カリ)などの薬をまいて、弱って浮いてきたところをまとめて獲るような事をしてるからです。
そうやって獲った魚たちは、内臓がやられ一見元気に見えても、初めから長く生きられない事が決まってるらしいです。
後、輸送コストを少しでも安く上げるために、魚がギリギリ浸かるくらいの水しか入れてないみたいですし。
(参考までに、ハワイ便やマーシャル、バヌアツ便などの魚たちはタップリの水に入ってくるみたいです。)
ですから、そういう魚を扱ってるショップは、出来るだけ早く売ってしまわないと自分の店のロスになってしまうので、入荷したらすぐ店頭にならべたりネットで宣伝したりしてます。
特に、魚よりもイソギンチャクとかの無脊椎系が酷いらしいですね。
だから、海水魚を買うときは、生体が入ってきてもすぐには販売せずに、病気がないか、また餌は食べるかどうか、最低でも4~5日はストックしてトリートメントしてから、売るような店を選んだほうが賢明ですね。
結不必要な海洋生物まで全て犠牲にするような獲り方が減り、ハンドコートで必要な生体だけを獲るようになってくれればと思ってます。
へたくその言い訳かもしれませんが、薬を使って獲った魚(結果安い)を買わないようにすれば
乱獲に歯止めが掛かるかな~とか思ったりしてます。

おっと、つい調子に乗っちまったぜ~!
それなら魚を買うのをやめろ~って事になりそうなので、ここらにしときます。
[PR]
by marusei_1 | 2006-05-26 20:28 | ヤッコ