娘と二人で始めた写真blog。それが、いつの間にやら海水魚だらけに・・・・


by marusei_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

釣堀

夏休み最後の日曜日。
久しぶりに、みんなで森林浴にでも行きたいな~と思ったのですが、長男は部活、長女はピアノの発表会、次男もバスケの練習と、み~んな用事があるんだって・・・・・
え~い、こうなったら次男だけでも休ましちゃえと言うことで、二人だけで出かけることに。

車で走ること2時間!「塩釜」と言うキャンプ地にある釣堀で、釣りをしました。
まあ、池をのぞいて見ると、たくさん魚が泳いでいて、いっぱい釣れそう!

しかし、1000円で竿と餌と魚を5匹までとの事。それじゃあと言うことで、息子にだけ借りてあげて、僕は見物&カメラマンです。
f0033126_20585943.jpg


More
[PR]
by marusei_1 | 2006-08-29 21:15 | 18-200mmf3.5~5.6G

(≧▽≦;)アチャー

昨日、45cm水槽に底砂を追加するのに中に入ってるLRや、魚たちを取り出して作業していて
砂もひき終え、濁りも落ち着いてきたので、「さ~て、魚たちを中にいれるかな」と思いながら、一匹ずつ掬っていたところ

「ん?、一匹見当たらないぞ~?」

LRの隙間にでも、はいっているのかな~?とか思いながら、ふと足元を見ると

「あれ!飛び出してる!」

そう、ゴールデンネオンゴビーが一匹外に飛び出してて、尚且つ僕が踏み潰していました(大泣)

あわてて拾い、水槽の中に戻したものの当然ペッチャンコになってるものだから、動くはずがありません。(TT)

と言うことで、元気だったころの写真を一枚!

f0033126_14563170.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2006-08-28 14:57 | ハゼ
僕の無知のせいで、お亡くなりになったミドリイシたちです。(涙)

生きている時の、あの鮮やかな色彩も今となっては、ただの無機質な白い物体になってしまいました。

ただ、魚と違って☆になった後もこうして飾っておくことが出来ますが・・・・・・

f0033126_1646741.jpg


その他はこちら・・・です。
[PR]
by marusei_1 | 2006-08-26 16:48 | 病気

赤ゴケその後Vol.1

赤ゴケ騒動が収束して、やっと落ち着いて水槽を眺めることが出来ました。

「ここから広がっていったんだよな~」

と、しげしげと45cm水槽を眺めていたところ、何か魚が少ない?
入ってたLRとイバラカンザシを取り出してチェックしてみることに・・・・・

「ゲゲ!いない!」(◎0◎;)

ヤシャハゼとパンダダルマハゼ、それにホムラハゼまで・・・・

「エエッ~」(゜o゜")!!

それによく見るとイエローヘッドジョーFの尻尾もぼろぼろになってる。
こいつは夜な夜な現れる、あの毛むくじゃらの「カニ」のせいだ!

これって、もしかして赤ゴケがでたのって、こいつ等が死んで水が汚れたせい?=「カニ」のせい・・・・・なんてこった!!!
それが事実なら、たった一匹のカニのせいで、サンゴ達が死んでしまったと言うのか~!!!( ̄■ ̄|||)ガーン

「くっそ~、もっと早く退治しとくんだった!」

しかし、昼間はどこに隠れているか判らない。
これは、夜になるのを待って仕掛けでも投入してみることにしよう。

薬と因果関係は分かりませんが、今日の昼の間に突然2つに分裂したタマにならない我が家のタマイタダキイソギンチャク。
f0033126_1937112.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2006-08-23 10:40 | その他

大学の先生

20日の日曜日に、チョット足を伸ばして(と言っても車で30分ですが)何度か行ったことのあるショップに行きました。
そこの店長は某大学のアクアマリン学科の学科長をしていて、クマノミやフリードマニーの養殖や、淡水?でクマノミやタイが飼えるなど、いろんな研究をしている人です。

その人が言うには、底砂などだけで、LRなどにはそんなに付いてない場合は
まず出ているコケをを取れるだけ取った後、ライブサンンドなどの砂を上からひき
空気を遮断しておいて、その後大量換水すればたいていの場合収まるそうです。
薬を使うのは、本当に最後の手段としてするべきで、そうなるまでに打てる手はいくらでもあるそうです。

「なんで初めに相談してくれなかったの?」
って、言われてもね~!
まさか、こんなことになるとは思わなかったし・・・・

「もし仮に使うとしても、○○ハタのア○○○ッドなんか絶対使っちゃダメ!」で、
「僕は、ウルトラライフのレッドスライムリムーバーを勧めます」
だそうです。

その他、ありがたい貴重な講義?を1時間半ほど聞かせられ(苦笑)かなり勉強になりました~。(^^;)

ちなみにそこのショップ名は「マリンシアター」と言って、知る人ぞ知る有名店だそうです。
↑ただこのHPほとんど更新されてないのが残念です。

[PR]
by marusei_1 | 2006-08-22 20:27 | 病気

赤ゴケ4日目

ほぼ綺麗になりました。
f0033126_15163548.jpg

と言っても、100%完全に取れたわけでもなく、油断は出来ませんが、日々弱っていく無脊椎たちを見かね、ついに水換えをすることに。
全換水という訳にもいかないので、総量の8割に当たる170ℓの換水です。
ただし、これでも魚や無脊椎たちにもかなりのストレスになるそうですから、その後の状態は注意深く見守る必要があります。
それと海水も念の為、前もって「ニチアク」から島の天然海水を取り寄せ、エアコンの効いた部屋で24℃くらいになるよう待機してました。V(^^)/
後3~4日したら、また4割程度の換水をする予定です。
ただ今回はけっこうな被害をこうむり、参りました・・・・・・(涙)

その他の被害はこちら
[PR]
by marusei_1 | 2006-08-18 15:38 | 病気

妻の里

お盆休みを利用して妻の実家に墓参りに行って来ました。
と言っても、車で2時間弱で行けるので、別にお盆休みじゃなくてもいいのですが(^^;)
まあ、かなりの田舎なので、行っても特に何をするって言うわけでもなく、暇を持て余しそうだったので、久しぶりにD200に18mm~200mmを一本だけ付けて、実家の周りを写してみました。

木の葉の妖精

まるで葉っぱで出来た妖精が、空中を歩いているように見えます。

f0033126_17294325.jpg


More
[PR]
by marusei_1 | 2006-08-17 17:48 | 18-200mmf3.5~5.6G

赤ゴケ3日目

やっと効果が目に見えてきました。薄く緑色に見えるものは赤ゴケの色素だけが残ったものらしいです。
f0033126_922248.jpg

でもでもでも~・・・・
その代わりと言ってはなんですが、副作用と言うか代償も大きいものがありました。
それが↓見事に色の飛んだミドリイシ!
f0033126_9263558.jpg

たった2~3日でここまで色素が無くなるものなんですね~\(◎o◎)/
その他、ソフトコーラルの一部が枯れるし、イソギン達はいじけてるように見えるし、ミドリイシも殆どの固体に何らかのにダメージがあるし・・・・
今のところ何の影響もなさそうなのは魚たちくらいかな?

説明書には魚、サンゴ、その他無脊椎動物や海草には影響を与えません。とか書いてあるくせに・・・・・
頼みますよカミハタさん!(`ヘ´) プンプン。

とは言ってみたものの、やはり薬ですからある程度は自己防衛みたいな事をしておかないといけなかったですね。
今回の出来事は良い勉強になりました。(授業料は高くつきましたが・・・^^;)
[PR]
by marusei_1 | 2006-08-17 09:42 | 病気

赤ゴケ2日目

アンチレッド投入後2日目。
コケには、あまり変化は見られない。それより、生体のダメージのほうが深刻だ!
f0033126_9301140.jpg

たった1日で白化してきたミドリイシ。理由は定かではないが、先っぽの水流が強めに当たってた所が、死んできている。
f0033126_9323379.jpg

これも、あっという間に枯れてしまったソフトコーラル。ウミアザミの一種だと思うのですが、名前がよく分かりません。
f0033126_9334190.jpg


赤ゴケが突然出てきた原因ですが、45cm水槽が発端だったので、じっくり調べてみました。
そしたら、イバラカンザシに付着していた貝がどーも怪しい!
今まで、生きていた貝の中にナベカが入っている。

「むむっ?」

と思い、イバラカンザシをはぐってみると、なにやら怪しげな肉片のような塊が!

「こ、これか!」

「なんでこんなものが」

「しかもその正体は・・・・・・」

なんだか分からないのですが、取りあえず取り出して捨てることにしました。
早く収まってくれて、水換えしたいよ~!
[PR]
by marusei_1 | 2006-08-16 09:38 | 病気

水槽の危機

最近45cm水槽に赤ゴケが出だしたのですが、その時はシアノバクテリアと言うものを甘く見すぎてました。

底砂の一部に出てただけだったので、その部分だけ取り除き、20ℓ程の水換えだけで済ましたところ、その数日後チョット1~2日家を空けてる間に大増殖してました。

水を共有してるため、90cm水槽にも飛び火していて、底砂からLRなどもうそこらじゅうにビッシリ!幸いサンゴには付いてないので、今ならまだ間に合う!

と言うことで、急遽行きつけのショップに行き、カミハタの「アンチレッド」と言う薬を購入してきました。

家の水槽2本と濾過槽合わせて総水量が約300ℓなので、初日は30ml位を添加して様子を見ることに・・・・・・

説明書によると3日間の添加で、4日目に殆どの赤ゴケが消えているそうです。
f0033126_1044948.jpg


取り合えず投入後1日目の写真です。あまり変化なし。

f0033126_9555699.jpg
f0033126_9561163.jpg
f0033126_9562110.jpg


ただしシャコガイなどには、何らかの影響が出る恐れがあるので、注意していてくださいとの事!

今のところ大丈夫かな?ちなみに後ろのLRに赤く見えるのも赤ゴケです(涙)
f0033126_104439.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2006-08-15 10:11 | 病気