娘と二人で始めた写真blog。それが、いつの間にやら海水魚だらけに・・・・


by marusei_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

と言うわけで・・・・

「ナカモトイロワケハゼ」のイラストです。

このハゼ、2001年に新種として登録されたらしいですが、なかもとさんが最初に発見したのでこの名前がついたらしいです。

何にしても、この平均価格が15万円以上と言う高価な魚ですが、ダイバーの話によると、パラオなどでは年中見られ、しかも15mほどの浅いところにたくさん居るらしいですよ~^^;

なんでも、海底に捨ててある空き缶などにペアで住み付いているのをよく見るそうです。

と言うことは、そのうち安くなってくるのかな?^^





f0033126_2543511.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2007-07-28 01:07 | イラスト

ハゼの寿命

ふと思ったのですが、ハゼって、いったいどれくらいの間生きていられるの?

調べてみると、だいたい1年から長くても3年くらいと言う事がわかりました。

と言うことは「ナカモトイロワケハゼ」などは、1~3年しか生きられないものに15万円のも大金を払う人がいるって事ですよね~!ヽ(◎Д◎;)ノウヒョーーーー

まあ僕もレスプレの件があるので、あまり人の事は言えませんが、それでも大事に飼ってあげれば10年は生きてくれるかな~?とか思ってましたから・・・・・^^;

と言うことは、家のキイロサンゴハゼも、もうすぐ1年ですから、あと1年ほどで寿命って事になるの?





「え~・・・・・・・・・・・・・・!」







「そっそんな~!( ̄□ ̄;)ガビ-ン」












短いとは思っていたものの、改めて数字を聞かされるとショックでした(TT)



f0033126_20365687.jpg




f0033126_20372129.jpg


ハゼの寿命って思ってたより短いんですね。
[PR]
by marusei_1 | 2007-07-24 20:41 | ハゼ

二度目の挑戦

水槽に入れる時だけで、後は殆ど姿を見ることもなく、いつの間にか行方不明になる小型のハゼにはもう手をださないつもりでいたのですが、「ルクール」さんの、ホムラハゼがなんと¥4,980-の値段に引かれて、思わず買っちゃいました^^;

まるで、情熱の国ブラジルでサンバを踊るカルメンを彷彿とさせる、その色合いなど、とても美しいハゼです。
f0033126_1610149.jpg




f0033126_16101167.jpg




f0033126_16185664.jpg


今回は、まず隔離ケースに入れて様子見ですが、なんとこいつ指ですり潰したシュアーのSを食べてます。

最初は、そんなもの食うわけないだろうと、ブラインシュリンプを孵化させたものをあげてたのですが

試しにやってみたら、シュアーでも問題なくたべてくれました。^^v

これなら、水槽デビューの日も近そうです。

問題は、家の60cm水槽には何が潜んでいるか解らないって事なんですよね~^^;

前のレスプレの件もあるし・・・・・

一応、砂からライブロックから全部点検してるので、大丈夫だとは思いますが、チョッと心配です^^;
[PR]
by marusei_1 | 2007-07-22 16:17 | ハゼ

謎の物体発見2!

またまた謎の生物を発見しました。

しかも1つのライブロックに3つも・・・・・

最近追加したライブロックに付いていたと思うのですが、いったい何物かわかりません。^^;

水流が直接あたる場所に出現したので、水流と何かしらの関係があるのでしょうか?

こういった発見も海水魚飼育の楽しみですよね~^^

f0033126_8291358.jpg


①と②は、同じ生き物だと思うのですが、良く見ると閉じたり開いたりしています。

f0033126_8313582.jpg
f0033126_8314666.jpg


③は、もうちょっと大きくなってくれないと何物か判んないです^^;

f0033126_8315562.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2007-07-18 09:22 | サンゴ

ぎょ、魚眼??

なんとか1枚でも魚の鼻デカ写真を撮りたいな~、と思い頑張ってみたのですが、どうも無理っぽいです。^^;

長いことやってたら、そのうち撮れるかもしれませんが、それには途方もない時間と集中力が必要と判断したので、諦めました。^^;




なんとかそれらしく撮った↓写真です

f0033126_23322982.jpg

残念!もうチョッと、もうチョイ手前に来てくれたら・・・・^^nクゥ~


全体の写真は湾曲してるのですが、魚だけ切り取ってみたら寄れてない分、何てことはない普通の写真になってしまいました~^^;

やれやれ・・・・・・^^;







全く話は変わりまして、家の近くの水溜りにいたので、思わずパチリ!^^

でも、これは魚?ではない・・・・・

こりゃまた失礼しました~(ふ、古い!^^;アハハハハ)

f0033126_23421488.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2007-07-15 23:44 | FISHEYE10.5mmf2.8

魚眼

2~3日前だったと思うのですが、TVを見ていたら魚眼レンズを使った、動物の鼻デカ写真なるものが流行っているって紹介してました。

「ほうっ!」

「魚眼レンズなら持ってるから、魚の鼻デカ写真とか撮ったら面白いかも~^^」と思ったのですが

「ん?・・・・まてよ?」


ああ言う写真を撮ろうと思ったら、被写体にレンズの先が当たるくらい近づかないとダメなのですが

良く考えてみたら、水槽の場合間にガラスがあるし、動き回ってる魚相手にそれは不可能に近いじゃないか~・・・・・^^;

と言うわけで、魚相手に面白写真を撮るのは暫く時間が掛かりそうです。^^;


参考までに水槽の写真を撮ったのがこちら↓ですが、これは解りやすいように切り抜いてます。


f0033126_13511360.jpg

こちらは↓、何の加工もしていません。

f0033126_1356471.jpg


これで魚を撮ったら面白いだろうな~^^
[PR]
by marusei_1 | 2007-07-13 13:57 | FISHEYE10.5mmf2.8

ホタル

七夕の昨日、友人とホタル探しに行ってきました。

ホタルと言っても、水生のゲンジボタルやヘイケボタルではなくって、陸にすむ「ヒメボタル」と言う種類で、ゲンジボタルの2分の1くらいの大きさで、光の点滅も短くて速いらしいと言う事です。

f0033126_2257241.jpg


らしい?と書いたのは、僕も友人も見たことが無い上に、生息地の情報も全く知らないんですよね~^^;

と言うわけで、今回はカメラも持たずに行ったので、挿絵は僕の描いたイラストで許してね。^^




取りあえず、地元の新聞に載っていた記事を元に、大まかな見当をつけて、行ってみました。

夜の9時過ぎに家を出て、最初の目的地に着いたのが9時20分頃でしょうか?

道を歩いていた地元のおばちゃんに尋ねて、場所を絞り込み、路肩に車を止めて真黒な夜の山を歩きます。

20~30分くらい歩いたでしょうか、草むらに光るものを発見!

虫には悪いと思いながら懐中電灯で照らしてみると、なんとホタルの幼虫でした。

f0033126_22342116.jpg






「へ~!幼虫も光るんだ~?」w(゜o゜)w

変に感動してると、友人から成虫発見の知らせが!!!

すぐに飛んで行って見てみると、草の根元に明らかにゲンジボタルとは違う光り方をする虫をみつけました。

さすがに小さい!

ただ、初めて見るそれが本当にヒメボタルかどうかはわかりませんでした。


その後、しばらく探索するも新たな発見もなく、暗闇の中、不気味な鳴き声がこだまするのに恐ろしくなり、その場所を後にしました。



そのまま帰るのも悔しいので、友人の知り合いに、間違いなくヒメボタルがいる場所を知っている人が居るので、夜遅く申し訳ないと思いながらも、メールで聞いてもらい、その場所に行ってみることに。



車を止めて、しばらく歩くと山の中に光が・・・・・



「居た!」



こんな場所にいるのは、間違いなく「ヒメボタルだ!」





目を凝らして、じっと暗闇を見つめていると、1匹、また1匹と次第に数を増やし、夜の0時を回る頃には、数十匹のホタルが光のダンスを見せてくれました。

まさに、曇って星の見えない七夕の夜に輝く天の川のようで、しばらく時間を忘れて見入ってしまいました。


こんな感じ↓の数百倍綺麗でした。

f0033126_2220551.jpg


自然って、本当に素晴らしいですね。^^
[PR]
by marusei_1 | 2007-07-08 22:24 | イラスト

シアノのその後!

前回、根っ子を取り出してから5日が経ち、併せてPHを一つ追加して、流れも変えてみました。


こんな感じです↓



f0033126_12293416.jpg





で、結果どうだったかと言うと、あのしつこかったシアノが↓ご覧の通り、全く出なくなりました。\( ⌒▽⌒ )/ バンザーイ



f0033126_12294933.jpg





やはり原因は、枯れたリュウキュウスガモの根っ子だったみたいですね。

まあ、枯らしてしまった僕が悪いのですが、それにしてもリン酸を吸収してくれるはずのリフジウムが逆にシアノの原因を作っていたとは・・・・

何という失態!

と言うか、やはりアマモ系は難しいと言うことが解りました。^^;
[PR]
by marusei_1 | 2007-07-07 12:30 | 病気

シアノ

少し前に、「シアノが出て砂をかぶせたら収まりました。」と言うような記事を書いたと思うのですが、実はあれからも出続けているんです。(TT)

水換えの度に、底砂に蔓延ってるシアノを取ってるのですが、週に2度の水換えでも全く効果がなく、翌日にはもう、うっすらと砂に付いてます。

f0033126_2343958.jpg


いったい何故?

何も入っていないはずの60cm水槽にだけ出るのはなんで・・・・・・?

ずっと原因が分らずに手をこまねいていましたが、ふと、あることに気づいたのです。

それは、今はもう枯れてなくなってしまった「リュウキュウスガモ」の根っ子が砂の中に残っていると言うことに!

ここからは僕の想像ですが、残った根が腐り、リン酸や鉄分と言ったシアノの静養分を出し続けている

つまり↓こんな感じ!

f0033126_12393936.jpg


そう思い、この水槽の水を全て抜き、砂をかき混ぜてみました。

そうしたら、出るわ出るわ!

リュウキュウスガモの根っ子が、ドッサリ!

写真でも撮っておけば良かったのにね~!

後から気が付きました^^;





その後、とりあえず取れるだけ取り除いてから水を張りました。

本当は、砂を全部取り出して、交換または洗浄したほうが良いのは解ってるんですが、そこまでするにはチョッと時間のほうが・・・・^^;

取りあえずはこれで様子を見ようと思ってますが、結果はすぐに出ると思いますので、ご期待あれ!^^

参考までに、水の流れです↓
f0033126_0463870.jpg

[PR]
by marusei_1 | 2007-07-02 23:27 | リフジウム

初めての・・・・

先日、主の居なくなった60cm水槽に寂しいからと買ってきた3匹のチョウチョウオですが、どうも馴染んでくれない。

と言うか僕が馴染めないのか・・・

餌は食べてるのですが、なんかね~・・・・

やっぱりヤッコだね!

と言うわけで、そうそうに里子に出すことにしました。^^;ゴメンナサイネ~

寂しいからと衝動的に買うもんじゃないと思いました。^^;

短い間でしたが、三匹のチョウチョウオの紹介です。




まずは、「アケボノチョウ」

f0033126_13182273.jpg


次に「アミチョウ」

f0033126_13201877.jpg


そして「インディアンバガボンド」

f0033126_13222397.jpg


本当にこの三匹には申し訳ない事をしました。

いらないストレスを溜めさせたようなものです。

もらわれていった先は可愛がってくれると思いますので、本当にゴメンネ!m(_ _)m
[PR]
by marusei_1 | 2007-07-01 13:31 | その他